2005/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごめんな


左近は生き急ぐねずみやったなぁ
睡眠時間が極端に少なく
一時間以上続けて眠らんかったもんなぁ

お前は父ちゃんの気配に一番敏感やったなぁ
近づくだけですっ飛んできて遊んでくれた

お前は体の割りに大飯喰らいで
好き嫌いは全くなかったなぁ
ガツガツ食べる姿はかっこ良かったで

お前には数えきれんくらい噛まれたし
いつでもファイティングポーズで
最後まで手加減はなかったなぁ

そやけど今度 生まれてくる時は もうちょっと
大人しくせんとあかんで
普通のオーナーさんやったら
可愛がってもらえへんと思うわ

ほんまかっこ良かった お前の生き方
男らしさは日本一や 父ちゃん惚れてたもん

体調悪いのに気がついてやれんで ごめんな
伊藤ちゃんの看護でへこんでた時も
いっぱい遊んでくれたなぁ ありがとうな

もうちょっと お前をしっかりみるべきやった
父ちゃん悪かった ほんまに ごめんな 
もう、痛い事もしんどい事もないし
ゆっくり、したらええ

大好きやったで 左近
スポンサーサイト
申し訳ありません

たくさんのメッセージをいただきながら、
Blogを放置して申し訳ありませんでした。
何度も返事を書こうとしましたが、
今日までため息と無気力を克服出来ませんでした。

ブライアンさん sawaさん snufkinさん ごんさん
ねねさん やすよしさん チョコママさん たこらさん
ねーちゃんさん タミアさん きゃびぞう。さん
怪盗ハムっちさん ダイゴローの母ちゃん かおり♪さん
pikaさん ママしゃんさん Ducaさん もとすー。さん
ボコさん 大福一家の世話係さん くるみちゃんの保護者さん
まめママさん あられのママさん ゆゆ@いちごチョコさん

メールをいただいた、吉岡さん chip'n'daleさん
sawaさん Orangeさん何度もありがとうございました。

皆様にいただいた温かで優しいメッセージに
言葉では表せない感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

未だに無気力な自分がいますが、ボチボチ気持ちを
言葉に変えていかなければならないと感じています。


左近の死は本当に堪えました。
消化しきれない伊藤ちゃんの死を何とか
飲み込んだところでしたので、尚更でした。

「なんでや」と何度も呟き、左近を埋葬した夜も
やつのお立ち台をひざに悔し涙が…

今考えれば、左近の死は突然死ではなかったと思います。
実は彼が亡くなる前日、彼を病院に連れて行っていました。
理由は前日の夜から、白内障の左目が明け難そうで
大好きなひま種を上手く受け取れなかったからです。

仕事を早く片付けて、すぐに病院に伺いました。
獣医さんとの問診の中で、視力の事、最近シッコを
どこでもしてしまう事、以前に比べ尿の量が多い事を
お伝えし、尿検査をすることになりました。
結果、検査数値で内臓に疾患がある(腎機能)可能性が
高いことが分かりました。

ただ、食欲が落ちず元気であることから、先ず目の感染症を
防ぐ為に、少量の抗生物質で様子をみる事になりました。

左近は病院への行き帰りもいつもの様に元気でしたし、
先生にはあからさまなファイティングポーズをとっていました。

帰宅後も食欲があり、一安心していたのですが
翌日の朝、いつもとほんの少し様子が違いました。
手先を少し震わせたり、動きがいつもより遅いように感じました。

当日、私は出張の予定でしたが、何となく感じる不安感に
宿泊を取りやめ、2時間以上掛けて帰宅する事にしました。

夕方、左近の様子を尋ねに自宅に電話を入れたところ
無事に食事をしていたそうです。少し安心しましたが、
それから急いで帰宅したところ、いつものお立ち台の袂で
横たわっている左近がいました。すやすや寝ているのかと
思い、そっと触ってみるといつもの反応がありません。

左近は呼吸も浅く、虫の息でした。私に出来たことは
両手で彼を暖めることだけです。
薄れる意識の中、注射器でほんの少しの水を飲んでくれましたが
約20分後、小さな呼吸が静かに止まりました。

左近が私の手の中で一番大人しかった20分だったと思います。
心臓の停止と共にルビーの瞳が徐々に黒色に変わっていきます。
大きな脱力感だけが圧し掛かってきました。

どんなに後悔しても、後悔しきれない彼の死ですが、
力のない私にはそれを受け入れるしか選択肢がありません。
突然の別れは、悲しみよりも大きな後悔が残ります。

伊藤ちゃんのお世話に掛かりきっていて、私が左近の体調変化を
見逃していたのです。伊藤ちゃんが寝ている間も、
私に一番長い時間接してくれた彼の体調を… 
左近には心から申し訳ない気持ちでいっぱいです。

左近の亡骸は彼の大好きだったひま種と共に、
伊藤ちゃんの横に埋葬しました。
彼への最後の言葉は「ごめんな 気がついてやれずに」でした。

伊藤ちゃんと左近を立て続けに亡くしたダメージは
しばらく癒えそうにありません。

もちろん、新しい子をお迎えしてお世話をすることが
それを緩和する最も近道である事を承知しています。
でも、今の私には小さな命たちと向き合う覚悟が
出来ないようにも思います。

また、以前のようにblogやHPの更新をできれば良いのですが、
今の心境では無理をしながら自分を繕うしかできず
無理の上塗りになってしまうのではないかと…

ありがたい事に仕事が滅茶苦茶忙しい時期に入っておりまして
すすんで凹んでいる時間を持たぬ様、懸命に働いています。
カト&アンちゃんは相変わらず、コロコロと元気です。
この二人には随分助けてもらっています。

もう少し時間を掛けながら、今後の事をじっくり考えてみたいと
思います。本来ならばメッセージをいただいたお一人お一人に
お礼を述べなければならないのですが、どうかお許しください。

kawauso
悔しくて
嘘のような話ですし
嘘であって欲しいのですが
今夜、左近が旅立ちました。

そんなに急がんでもええのに
伊藤ちゃんから一週間やで

やつは夕方もごはんを食べていたそうです。

死ぬんやったら、腹ごしらえなんかするな
めしの後は寝たらええねん 死なんでもええ
役割分担

しばらく湿っぽい空気が流れておりましたので
ここらで空気を少し変えていただきましょう。

写真は鈴木姉妹のお笑い担当カトリーヌ嬢です♪
知っている人は知っている「しぇーっ」のポーズっす!
彼女は写真を撮っている間、何故か動かず
良いモデルでいてくれました。
笑いのツボを押さえる事が出来る女です(^-^)ニコ
ご心配をおかけしました。

本当に多くのメッセージをいただき
ありがとうございました。
このblogに限らず、ご丁寧にメールでも
沢山の励ましをいただき
伊藤ちゃんも私も本当に幸せ者です。

ご心配を掛けましたが、もう大丈夫です。
気持ちの整理もつきつつあります。
今週中には伊藤ちゃんの写真も整理して
ボチボチHPの更新も再開していきたいと思います。

写真は伊藤ちゃんが亡くなった日の午前4時半頃もので
私の撮影した最後の一枚です。

眩しくないようにストロボを使わない撮影でしたので
色味の悪い写真ですが、写真を撮りながら色んな昔話を
語り掛けました。ヨボヨボなのに伊藤ちゃんは
身動きせず、じっと聞いてくれました。
最後の最後までほんとに良い子でした。

私から伊藤ちゃんへの最後の言葉は
「ありがとう」だったと思います。
ありがとう

伊藤ちゃんへ

うちに来てくれてありがとう。

楽しい思い出をありがとう。

父ちゃんは伊藤ちゃんと出会えて幸せでした。



今日の夕方、伊藤ちゃんが旅立ちました。
家族の誰にも看取られず、ひっそりと
慎ましやかに旅立ったようです。

最後まで苦しむ姿を家族に見せさせない
彼女の気遣いだったのかもしれません。

ここ数日の極端な体力低下から、
十分覚悟はしていましたが、
言葉にならない悲しみと、
ほんの少しの安堵を感じました。

彼女は子宮蓄膿症の手術以来、ウンチが緩い
状態でしたが、ここ一ヶ月間はほぼ毎日下痢が
続くようになっていました。原因は年齢の経過と共に
内臓機能が低下してきたのだと思います。
もちろん、食べるものにも注意を払い
消化が良く柔らかな食材を工夫していました。

日に何度も巣材や床材に替えても
水に近い便がお尻をただれさせ、
日に日に出血量も多くなりました。
私に出来ることはお尻が汚れる度に
ぬるま湯で洗ってあげることだけで、
始めは嫌がっていた彼女も
お風呂に慣れてきたのか、
最近は大人しく良い子でいてくれました。
正直、精神的に相当辛かったです。

仕事から帰宅した私は、固くなった伊藤ちゃんの
お尻を綺麗に洗い、家族でお別れをした後、
私が剥いたひま種ときなこ団子を添えて
やまちゃんと竜司の眠るどんぐりの
木の下に埋葬してきました。

伊藤ちゃんには最後まで生き続ける壮絶さを
教えてもらったように思います。

得体の知れぬ脱力感から
文章が上手く書けず、すみません。

最後になりましたが、励ましやお見舞いを
多くの方からいただき、ありがとうございました。

伊藤ちゃんは多くの方に可愛がられ
本当に幸せなねずみでした。

安らかに 伊藤キャサリン
よっこいしょ

更新もしていないHPに、毎日沢山の方々がおいでくださり
心苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。m(._.)m ペコッ

写真は昨日の伊藤ちゃんです。あまりやつれた姿を
お見せするのは如何なものかと考えたのですが、
皆様に励まされ、頑張っている彼女の姿を
可愛く誇らしく思いますので紹介させていただきました。
体重もすっかり落ちてしまい、まっすぐ歩く事や
巣箱に登ることが出来なくなりましたが、
優しい目と穏やかな性格は伊藤ちゃんのままです。

個人的には「もうそんなに頑張らんでええで」と
話しかけております。
プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。