2006/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代か?
先日、会社の後輩(30代前半)との世間話の中で
出てきた話です。

後輩は息子(小1)との入浴中にこんな話を聞いたそうです。

体育の授業でドッチボールがあったそうなのですが
そこの息子さんは赤白帽を忘れたから、その日は
ドッチボールをさせてもらえず、審判をさせられたとのこと

こんな時、皆さんなら子供に対してどんな対応(話)をしますか?

私なら、迷わず、「それは悔しかったかもしれんけど」

「そやけど忘れ物をせんかったら、ドッチボールできたんやろ」

「今度から、忘れ物せんようにせなあかんな」と話すと思います。

ましてや子供が不平を言えば、「お前が悪いのに何いうとんねん」と
逆に子供を叱ると思います。

しかし、この後輩の行動は違いました(^-^;

翌朝、学校に電話して先生を電話口に呼び出し怒鳴ったそうです(´ヘ`;)ハァ

「小1の忘れ物なんて言うものは本人の責任と違う、親の責任や!」

(ってそやったら、お前の責任ちゃうのんか?)

「うちの子供はドッチボールが楽しみにしてたのに、何でさせへんかった!」

そこで先生は「子供うちから約束やルールーを身に付けさせたい」と
答えたところ「全校でそんな取り決めがあるんか!」

挙句の果てには教頭先生まで電話口に呼び出させて訳の分からない
抗議をしたとのと…(いやはや、私には理解できません)

休み時間も終わりかけていましたので、彼との論争は避けましたが
嫌な時代になったものです。

私の娘が通っていた小学校にも授業中席に座らず、
授業中うろうろする子がいたそうで、それでも親がうるさく、
叱ると学校にクレームを入れる人だったので、
先生も怒るに怒れなかったそうです(´ヘ`;)ハァ

子供の味方になってやるのが親の役割でしょうか?

私が心配するのは、この子が成長し社会に出た時
もっともっと過酷な逆境に耐えられるのか?

私の会社の中でも昔に比べ、精神的に弱い子が
増えていると感じます。
若い子の全てがそうだとは申しませんが
どうも、親の教育が甘い気がしてなりません。

社会的に大きな問題が起こるたびに有識者達が
「学校が」「社会が」「時代が」等の言葉を使いますが
私は何よりも「親」だと思います。

社会に出るまでのルールを教え、社会に適合できる最低ラインまでは
親の責任だと考えているのですが… 

こんな私は間違っているのかもしれませんねぇ(´ヘ`;)ハァ


念のため、私はここで教育論を闘わそうとしているのではありません。
時代の流れについていけないおっさんんの戯言を述べているだけです。

気に障った方がおられましたら すみませんm(._.)m ペコッ
スポンサーサイト
ねむいですぅ


エアコンの効いた部屋でタマ繕いをするこばやっさん。

どうも、タマ繕いに集中すると眠くなるようです(笑)

「う〜ん 何かいったですかぁ」
落ちつけよ

貧乏暇なしとはよく言ったもので、昨夜から
バタバタ落ち着く間もなく動いております(^-^;

朝から半日のPC仕事、その後長い会議・・・ (´ヘ`;)ハァ
疲れと肩こりがピークを迎えていましたので
帰宅後、健康ランドへ。ゆっくりとした入浴後
マッサージを50分 (^(エ)^*))。。。きゃぁきゃぁ!
その後、持ち帰り仕事を… (´ヘ`;)ハァ
モクのお散歩後、ようやく就寝

お昼前に起き出し、外れた雨予報を幸いと
鬱積したストレスをバイクで処理(^-^)ニコ
夜は夜でリビングのカブにビックキャブを取り付け
24時からセッティングを兼ねた試走に近所をぐるぐる
チューンナップも最終段階に入り、もうすぐ完成です!

そして明日はリベンジツアー「聖地!甲子園!!」
本拠地甲子園での3連敗は、ぜーーーったいに許されません。
鬼の様な気合で必ず勝たせて見せましょう!!

ただ一つ心配なのは午後から崩れる天気予報(´ヘ`;)ハァ

「お願いやし、晴れさせて、いや雨だけは降らんといて!」


気持ちええなぁ


不変キャラを保つカトリーヌ嬢ですが
最近よく見かけるのが、うたた寝姿

最近の私もそうですが、ご飯を食べてゆっくりすると
催眠術にかかったような睡魔が襲ってきます(^-^;
自分でうたた寝をしている自覚すらなく
意識がストン…時にはよだれまで(^-^;

「カトちゃん 父ちゃんもいっしょや」

「気持ちよう うたた寝しような」

理由

先週から仕事が忙しく、体力的にも精神的のも
ヘロヘロ状態だったのですが、この月曜火曜も
ウザさ爆発の仕事内容。正直疲れきりました。

現実逃避… 責任回避… 無かった事に… 

そうだ有給を取ろう!(そうだ京都に行こうのパクリ)

早速申請です。

私の勤める会社は有給や経費の精算も全てWeb上で処理します。
それゆえ、よほど気難しい上司を持つ人以外は、
有給の申請を気軽に出せます(私だけかもしれませんが)
ただ、一つだけ厄介な事に、有給申請の最後の一行に
<理由>って欄があるんですよねぇ。
ここの文言にセンスを問われる訳です(問われていないかもしれませんが)
もちろん、通常の申請で面倒な時は「私用の為」でいいのですが

えーい休んじゃえって時は その事をアピールしたいと思います(馬鹿)
そんでもって、さっき流した有給の理由は

「自分探しの旅に出る為」です。

良いんですよ、面白ければ何をしても(^-^)ニコ
第二回 ダイエット報告
しばらくこの話題に触れませんでしたが、
地味に心掛けて継続しておりました。
現在の状況をご説明しますと確実に痩せております(^-^)ニコ

一番体重が重かった時が66.5Kg(ダイエットを始めた時)
そんでもって現在が59.5Kg( ̄□ ̄;)!!です。
マイナス7Kgですか、そりゃ体も軽くなったはずです。
って言うか、元々そんなにデブじゃなかったので
どうも痩せ型になっちゃったような気が…
シーンズが若い子みたいに腰パンになっちゃってますし
仕事用のスラックスもベルト皺が目立っちゃってます。

これ以上はやばいので、この体重をKEEPすればOKって
ことにしたいと思いますσ(^◇^;)

出来ればカトちゃんに父ちゃんを見習ってほしいっす♪
多分、いや絶対ダメだと思うけど (´ヘ`;)ハァ
心臓部

昨夜、映画から帰ってきてから没頭していたことが
こんなことです ↓


よく分からないと思いますが、カブのエンジンの中にある
ピストンです(^-^;

このピストンを大きい物に交換する作業(ボアアップ)
もちろん、ピストンを交換すると言う事は排気量が上がり
トルクやスピードを出す性能が高くなると言う事です。

具体的に、どのくらい大きくするかと言いますと
49cc→80ccに 約160%の排気量UPですな。
そんでもって、実際の大きさはと言いますと
こんなに違うんですよ ↓



それとこんな部品も交換しました。




エンジンの上部でバルブを開けたり閉めたりする仕事をしています。
右がノーマルカム、左がスペシャルカムです。

多分、ここへのお客様にあまりマニアックな話をすると
ひかれちゃうと思うのでこのへんにしますが、
朝までこんなことに没頭しておりました(^-^;

無事にエンジンも始動し、後はキャブレターとマフラーを
変えてセッティングをすれば完成・・・ いや足回りも変えなきゃ
いけません。こんな事に没頭して過ごす時間に至極の幸せを
感じます。まるで欲しかったプラモデルを勝ってもらった
子供みたいっす♪

ちなみに、このカブはちゃんと80ccへの改造申請を
済ませていますし、保険への加入も原付二種登録です。
もちろん嫁さんは中型二輪免許をちゃんと持っておりまして
法律的なハードルはクリアしていますぜ♪

あと一ヶ月くらい掛けながら、スペシャルなカブを作りたい。
改造コンセプトは「地味にこそっと速いカブ」です(^-^)ニコ
TRICK
今日は最終のレイトでTRICKを見て参りました。

数年前、深夜にやっている番組を何気なく見たのが
きっかけで、テレビ放映分のTRICK1〜3、劇場版
スペシャルまで全てを見ており、我が家のDVDには
ほぼ全話が収録されております。

TRICKは嫌味の無い、小ボケをセンス良く散りばめながら
登場人物の個性を引き立てているところが魅力ですし
山田奈緒子と上田次郎の微妙な関係もストーリーに
華を添えています。
また、私が一番好きな矢部刑事のズラネタは
これでもかと言う力技ですが、分かっていても
笑わされる妙な魅力を持っております(笑)

さて、映画の感想ですが… TRICKマニアにとって
(~ヘ~)ウーン 厳しい内容でした(^-^;
ネタバレは避けますが、この番組に対する愛が深い方ほど
悲しくなる仕上がりでしたねぇ。多分、出てる俳優さん達が
忙しくスケジュール調整が付かなかったのではないでしょうか?

また、今までの脚本に比べ、ストーリーにひねりが無く
限られた時間で駆け足に作った作品に思われました。
多分、スポンサーやTV局との絡みなど色々な力関係が
交錯した結果なのでしょうが、このシリーズの汚点と
ならなければ良いのですが…

もし、この映画を観に行こうと思われている方が
おられましたら、DVDがレンタルされてからでも
良いと思います。2番目に気になっている映画で
お金を使ったほうが良いような気がします。

来週は「DEATH NOTE」を観に行く予定です。
原作が知的で非常にストーリーが良く出来ている作品だけに
ちょっと不安ではありますが、個人の感想を素直に
綴っていこうかなと思います(^-^)ニコ
毎日困る男

毎日玄関先をお散歩される杢之助さん
登っておられるのは長女のブーツで
必ず頂上までお登りになられますが
必ずそこでお困りになられます(笑)

「父ちゃん もくはどうしたらいいですか?」

「父ちゃん 早く もくを助けたほうが良いと思います」

いいかげんに学習してほしい…と言いつつ
そこが可愛いと思ってしまいます(笑)
幸せ♪


夏ばてもせず、元気なカトちゃん♪

3日に一度くらい ひま種を差し上げます。

嬉しそうと言うよりも、目が真剣すぎますよ(笑)
熱く書いちゃう!!

ずーっと前から楽しみにしていた甲子園で
情けない試合を見せられました。
お金出して、時間使って、大好きなチームを応援しにいったのに
もう少し何とかならないものでしょうか?監督さん

ここ最近感じるのは阪神の野球の甘さ…大甘ですわ(´ヘ`;)ハァ
パリーグのチームはキツイ内角を平気で責めてきますし
デットボールや顔面近くの球を有効に使います。
あの金本選手に対しても滅茶苦茶厳しい攻めを行い
勝負への拘りは相当なものです。

それに比べ、4番に死球をくらわされて、報復のポーズも
とらないような弱腰で勝てるほどプロ野球は甘くはありません。
もちろん、死球に死球が全うな作戦だとは言いませんが
せめて同じ4番にブラッシングボールや背中の後ろを通すくらいの
意気込みを持たなければ、相手からも舐められ放題です。
これは監督やコーチだけの問題ではではなく、チーム全体で
怒りを爆発させなければ意味がないのです!!

それに比べて、今日の西武は一回の表ノーアウト一塁から
迷わず、犠打の選択。正直、この采配を見ただけで負けそうな
気がしました。確かに野球としては面白くありませんが
明らかに勝ちにきている(それを選手に体で分からせている)
勝負へのこだわりが見て取れます。

それに比べて、2回ノーアウト金本選手死球直後、浜中の
初球打ち… あの難しい球をあえてヒットにする自信が
あったのでしょうか?金本選手の死球を与えただけで
大抵の投手は不安定になります。もちろん、球場の
雰囲気もピッチャーを追い込む空気に変わっているのに…
初球の一振りでゲッツー、甲子園全体がため息に変わりました。
浜中の最小限の仕事=ランナーを2塁に進めることです。

同じようなケースが5回の関本にも言えます。金本選手の
ソロホームランの直後、シングルヒットの連打ノーアウト
一二塁からのショート併殺打(´ヘ`;)ハァ
たとえノーサインでもセーフティバンドやドラッグバンド
出来ないなら、右方向へのバッティング(気持ちだけでも)
最低限の仕事をして次につなぐ…こんな意識は微塵もありませんでした。

監督の采配=選手任せは選手個人の責任として扱われます。
これで試合後の監督コメントで「打てないし負けた」は
非常に耳障りなものに聞こえます。
監督の采配は、たとえ失敗しても「チームとして」の意識を
現したり、「各自の仕事」を植えつけることが出来ます。
「選手に任す」で好結果が出ているなら構いませんが
「選手に頼る」は情けな過ぎます。
負けが込んでいる時や選手の状態が悪い時にこそ
監督の力量が発揮させるべきではないでしょうか。

6-1で負けてる9回でも、8割以上の観客が残っている気持ちを
もっともっと深く受け止めて欲しいっす!
我々はプロ野球を観に行っている訳です。
お金の取れるレベル、その代価に見合ったプレイや意識を
見たい訳です。もちろん勝つに越した事はありませんが
たとえ勝たなくとも、質が高く勝利への執念が伝わるプレイを
見せて欲しいのです!! 

ああ、ちょっとだけ気がすみました(笑)
聖地へGO!(今年2回目)

明日はすんごく楽しみにしている甲子園♪
天気予報もまずまずなので既に気合十分です。
今日は松坂投手にやられましたが
明日は私が応援に行くのですから
阪神打線大爆発です!!

友人とその子供達も連れて、半分接待の野球観戦になりますが
目いっぱい楽しんできたいと思います♪

歌うぞ!六甲おろし!!


時間が欲しい

仕事が忙しい
   ↓
それでも出来るだけ早く帰宅
   ↓
カブいじり
   ↓
オークションで部品調達
   ↓
ねずみのお世話
   ↓
ねずみに遊んでもらう
   ↓
廊下でうとうと
   ↓
慢性的睡眠不足(^-^;
   ↓
ちょっとハイテンション
   ↓
現在に至る

ああ、時間がもっと欲しいっす。
小さな幸せ♪


写真はミルキー抹茶味の包み紙です♪
よーく見て下さい。お団子が写っています(笑)
娘が言うには、結構レアな包み紙だそうです。
不二家さん、小さな小さな幸せをありがとう(^-^)ニコ
カフェカブパーティーin京都


休日には珍しく早起きして「カフェカブパーティーin京都」に
行ってきました。
この「カフェカブパーティーin京都」ってのはカブを心から愛し
カブにすんごい情熱をかける人達のパーティーでして
250台を超えるカスタムカブ達には時間を忘れて魅入ってしまいました。

と言いますのも、先日中古のカブを一台嫁さんの為にオークションで
購入しまして、現在コツコツと整備しております(しかもリビングで)
元々バイク大好き、機械いじり大好きなkawausoさんは
楽しくてしかたありません。時間をみつけながら、エンジンにも
手を入れる予定ですので、完成にはもうしばらくかかりそうです。
ストレス発散と精神集中には楽しいお遊びですぅ♪
風流

カトちゃんがくるくるの上で佇んでいました。

何故か、遠くを見る目で 季節を感じているようです。

ここでカトリーヌ嬢が詠んだ見事な俳句をご紹介しましょう。


「ああ暑い ここらで 出でこい 冷凍コーン」

「写真より 気持ち わかれよ 冷凍コーン」

「言葉より 愛がほしいの 冷凍コーン」


おそまつ!! 。。。タタタッ。ヘ(;・・)ノ
ナイ・セン!


タイトルのナイ・センはバッターがくさい球(ボールっぽい)球を
見逃した時にかける掛け声です。(ナイスセンスの略)

この写真は先週日帰り出張で出かけた和歌山県のスーパーの
入り口に貼ってあったものです♪

「車の中に貴重品をおかない」とか防犯を促すポスターですが
車上アラシに扮したタヌキがほっかむりまでかぶっちゃってます(笑)

「空カバン 残したために 五万円」

ちなみに五万円はガラスの修理代だそうで
いかした俳句も素敵ですぅ♪

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。