2007/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんだけ〜


どんだけねすみ好きかをアピールする気はありませんが
先日訪れた、ルアーショップで見つけた一品です(^-^)ニコ

ブラックバス用のトップウォータープラグで
JITTER MOUSEと言います♪
このプラグは水面に浮かび、緩いスピードで引くと
お尻を左右に振りながら、キャポキャポと小さな
水音をたてます(^-^)ニコ

元々トップウォーターが大好きなkawausoさんですが
このカラーを見つけた時には思わずお買い上げかごに♪
ちょっとキャスティングするのに躊躇しちゃいそうですが
今度の休みには是非使ってみたい一品です(^-^)ニコ
スポンサーサイト
天然コケッコー

忘れられたほのぼのとした田舎の風景、誰もが抱いた
淡い恋愛感情、子供達の成長と大人への階段
全てが夢のようにほんわりと過ぎていく時間…

この夏、10本近い話題作を観ましたが、正直
この作品ほど、監督が伝えたかったものを素直に
受け入れられた作品はありませんでした。
今更ながらですが、この夏一番のお勧め作品です♪

ネタバレにならないように書きますが、ストーリーは
6人しかいない田舎の分校へ転校生がやってくる 
その子を囲みながら、子供達の成長と淡い中学生の恋愛が
繰り広げられていく・・・ 決して感情の大きな起伏はありませんが
約一年間の時間をほのぼのと穏やかに描かれています。

主役の夏帆ちゃん、全てが素晴らしい演技だったかと言えば
そうじゃないかもしれません。でも、彼女のもっている
雰囲気がすごくいいんですよね。将来楽しみな子です。

改めて、映画ってお金をかければ良いってもんじゃなく
脚本と丁寧な作りこみ、脇を固めるスパイス的役者が
揃っていれば本当に良い作品が出来るんだなぁと実感しました。

この映画をやっている映画館が比較的少なく、
公開期間も短いとは思いますが、私的採点は85点の作品でした。
是非、映画好きには観ていただきたい作品です。
ラッシュアワー3

ジャッキー・チェンが三度の飯より好きって方や
香港映画のややすべり気味のギャグがお好きな方に
とっては評価が高い作品だと思いますが
私は正直、辛かったです。

やっぱり、年齢には勝てないジャッキー・チェンの
老けかたや、工藤夕貴も肌にもガサガサ感があって
何だか、若い頃の彼らを知っているだけに
自然と無理してるなって感じが… (ToT)

ストーリーもギャグも使い古された展開でしたし
カメラアングルもCGを多用したチープ感も
現代の映画クオリティーとは言いがたい気がしました。
また、クリス・タッカーのかん高い声と
終始、滑っりまくったギャグにはうんざり。
エディ・マーフィーを狙った演出なのかもしれませんが
やっぱり、役者が違うって感じがしました。

ただ、真田さんだけは妙にかっこよく見えましたねぇ。
彼も確か40代後半だと思うのですが、兎に角良かったです。

熱烈なジャッキーファンの方には申し訳ないですが
私的採点ですが40/100点と評価します。
ジャッキーファンか香港映画系が好きな方以外は
DVDで十分な作品だと思います。
リス!リス!リス!
猛暑の中、家族接待旅行に出かけたkawausoさんですが
今回の旅行で唯一テンションが上がるイベントがございました♪

それは2日目の午前中に予定された リスの森 訪問っす!!


こんな子や



こんな子が



こんな風に接してくれます(^-^)ニコ

もう最高に可愛くて、テンションが上がりまくり
暑さも忘れめちゃ幸せでした♪
モクは頑張ったですぅ


写真は初めてのお泊りから無事帰宅された杢之助さんです。
そんでもって、一人お泊りした時の様子はと申しますと
半日間、巣箱に引きこもっていたそうで、うちの母ちゃんも
「この子大丈夫?」とちょっと心配だったそうです。

それでも半日が過ぎると恐る恐るごはんを食べに出てきて
周りの様子にも慣れてきたそうで、時々巣箱から出てきては
様子を伺っていたそうです(相当小さい男)

あんまり外で積極的に遊ばないので、気になって夜中に
母ちゃんが様子を見に行くと、巣箱の上でぽつんと
佇んでいたそうで(^-^;
「あんた 大丈夫?」と問いかけるとくるくるを
三度ほどまわして見せたそうです(笑)

まあ、2日目の夜には少し安心したのか、巣箱の上で
窓拭きをしていたそうなので、若干慣れたのかなと
思いました。

また、昨夜自宅に連れて帰ってからはめちゃくちゃ
ハイテンションで朝まで大騒ぎしてましたので
やっぱり、住み慣れた我が家が嬉しいんだと思いました(^-^)ニコ

おみやげには 生で食べられる無農薬コーンと焼き栗
とち餅を少々どれも満足げに食されておりました♪

<最後に杢之助さんからのコメントを>

「みんなどこ行ってたですか?」

「モクは寂しかったですぅ」

「もう 一人ぼっちにしちゃ ダメですよぅ」
はじめてのお泊り

明日から家族旅行にでかけますので、先ほど
モクを実家に預けてきました。
一泊ならエアコン付けっぱなしで行くのですが
万一、雷でも落ちて一時的に停電もしたら…と
心配性の上に親ばかの上塗り(^-^;

そんな心配をするなら母ちゃんにお世話いただいたほうが
良いとの結論に達しました。
うちの母ちゃんも私がモクをめちゃくちゃ可愛がっているのを
知ってますし、すごく気を遣ってお迎えしてくれました(^-^;

ただ、肝心のモクがめちゃ不安そうな顔をしてましたので
若干、後ろ髪をひかれましたが、旅行の帰りには引き取って
帰りますので、初めてのお泊りを頑張ってもらうことに…

モク 父ちゃん 明日の晩 電話するからね♪
もういいよ ♪〜


お散歩中にかくれんぼをする
可愛いおっさんです。

本人は見つかってないと思っていますが
バレバレです(^-^)ニコ
お盆ですなぁ
世間はお盆休みに突入したようですね。

私はと申しますと先週も東京で2日間会議があり
体力的にヘロヘロでしたので、今日は一日家で
ダラダラ過ごしておりました。

夜は映画でもと考えたのですが、観る映画が無い…
こんな時は自然に親しもうと、ついさっきまで
次女と琵琶湖でバス釣りを楽しんでいました。

釣果はたいしたことありませんでしたが
一匹だけ型の良いのが遊んでくれましたので大満足♪
相変わらず、琵琶湖のバスは気遣いが出来る良い子です。

さて、肝心のお盆ですが、16日まで休みがとれません。
まあ、それでも普段の忙しさを考えると2日だけでも
休みが取れることを感謝し、世間様がお休みの間頑張ってみます。

そういや、お盆なので、歴代のハム達が里帰りしてくれるかも♪
やまちゃん、竜にぃ、伊藤ちゃん、左近会長、カトちゃん、アンちゃん
今日はみんなの分のヒマ種をお供えしておこうと思います(^-^)ニコ
自由にアフレコしましょう♪


さあ、皆さん、思いついたままをアフレコください♪

投稿は何度でもOKです (末期的 他力本願 (^-^; )
トランスフォーマー

マイケル・ベイ監督&総指揮スティーヴン・スピルバーグ♪
予告編の映像も桁外れでしたので、すごく期待して観てまいりました。

全編にわたる映像は、ド迫力で押しまくり
お世辞抜きで最高水準のVFX技術で製作した
至高の作品だと断言できます。
また、製作が2大巨匠ですから、40億円っていう
制作費が投入されたのも十分頷けますし、
その価値は十分あったと感じます。

さて、ストーリーについてですが、私が勝手に想像していた
硬派な内容ではなく、どちらか言えば全般的に
「お子様にもわかりやすい」味付けだった気がします。
まあ、この手の映画を観る時はみんな子供になって
観るんですから、それはそれで良かったのかもしれません。

この作品を評するのに、基準をどこに置くかで
大きく評価が変わると思いますが、私は娯楽大作として
世界最高峰の映像を楽しめましたので、良い映画だと
評価しました。

逆にロボット好きでもなく、派手な戦闘シーンよりも
ラブストーリーやロマンチックなストーリーを
お好みの女性の方には、結構退屈で長い映画に
感じられると思います。

私的採点では75/100点の作品でした。彼女とのデートよりも
野郎ばかりで観に行くに良い映画だと思います。
オーシャンズ13

作品がシリーズ化される度に面白さが半減していく
典型的なパターンですなぁ。
確かに出演俳優は凄いメンバーですが、
安直なストーリーと俳優の達の存在感だけに
頼った演出、観ていて面白さを感じられませんでした。

折角、バベルで評価の上がったブラピも何だか
中途半端な芝居でしたし、ERであれだけ名演をみせた
ジョージ・クルーニーも、ドライな男前さしか目立ちませんでした。

そもそも、これだけのビックネームの良さを
引き出す映画って、製作自体が難しいのでしょうが
製作側の「こんなもんでどうかな」って感じが妙に
漂っていて、観る方もレンタルDVDで十分だったなと
感じてしまう作品です。

俳優図鑑的に割り切って作品をご覧になられるなら
これもありですが、「名優がいっぱい=良い映画」を
期待されて行かれるには厳しい映画だと思います。

製作側にも俳優達の演技にも「努力や情熱」を感じない
悪い意味で妙に力の抜けた作品だと…
期待していただけに、私的採点では30/100点の作品と評価します
プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。