2007/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しい事実

21日の夕方、幸村が亡くなりました。
私は東京出張中に彼の訃報を受け取りました。
私自身、納得も出来ず、整理もつかないまま
翌日、固くなった小さい体と対面しました。

どうあがいても事実は事実として受けとめなければなりません。
小さくて真っ白な体には何の温もりも感じませんでした。
生後一ヶ月の彼が我が家に来てくれたのが11月10日
我が家で過ごした時間はたったの11日間です。

食欲があるのに体重が増えないことは少し気になりましたが
我が家に来てから3日程で「ジージー」威嚇しなくなりましたし
声をかけると巣箱から頭を出してくれるようになってました。
出張に出かける前の日は、安心して手のひらの上で
ブロッコリーやひま種も食べてくれました。

後悔してもしきれない突然の旅立ち、何にもしてあげられなかった
空虚感しか残りません。本当に悔しくて残念です。
今日、娘といっしょに歴代のねずみ達が眠るドングリの木の下に
幸村を埋葬してきました。
今は彼にとっての11日間が、幸せな11日間であったことを願うだけです。
スポンサーサイト
ビクン!


この週末は風邪で体調が悪く、自宅に引きこもり
ねずみ達とまったり過ごしておりました。

さて、ニューフェイスの幸村君は相変わらずのビビリですが
確実に私との距離感が縮まってきました♪
それといいますのも、一日3回位、嫌がる彼の
お腹の匂いを嗅いだり、濃厚な頬擦りをしたり
そろそろ、彼も諦めかけているような気がします(笑)
(家族からは変態扱いされていますが・・・)

兎に角可愛いんですよ、小さな体、短いしっぽ
二足歩行、ふわふわの毛質、ゴマフン等々、
常に目尻が下がりっぱなしです。

写真はフラッシュに「ビクン」と驚いた幸村君です。
頭からカプっと齧りたいくらい可愛いです(^-^;

命名 清水幸村


お察しの通り、私の大好きな武将 真田幸村の名前をいただきました。

大阪夏の陣、勝ち目のない戦で「幸村」が一際目立つ真紅の甲冑を
身にまとい、背には六文銭の御旗を掲げ、15万の敵に3千で挑んだ
「死に華の咲かせ方」に憧れと、ある種のジェラシーを感じてしまいます。

まあ、このチビスケにそんな壮絶な生き方を望んでいるわけでは
ありませんが、出来ればビビリが改善され、強く大きな男になって
ほしいとの気持ちを込めて命名しました(^-^;

今は「ゆき坊」とか「ゆきちゃん」と呼んでいます (^-^;

尚、日本史や歴史小説がお好きな方には常識ですが
「幸村」って名前は 江戸時代になってからの講談や芝居で
創作された名前だと言われています。
(歴史上の本名は真田信繁っていうのが正しいようです)
はじめまして 名前はまだ無い


僕な お菓子のお家に隠れてたのに 
怖いおっちゃん見つかってしもてん

あんまりおっちゃんが怖いから
ずーっとジージー威嚇してたら
おっちゃん ニコニコ笑いながら
「そんなにおっちゃんが怖いか?」って
無理やり僕のお腹の匂い嗅ぎよったんや
もう、めっさ怖いし 僕 うん○もらしてしもたわ

ほな おっちゃん 「うん○もらすぐらい怖いんか」って
言いながら喜んどるねん そんでな 僕のこと 誘拐しよったんや

そやけど お家着いてから 何や優しいしてくれはるし
僕ちょっとだけ安心したわ まだ、おっちゃんのこと
怖いねんけど 頑張ってみようと思います

-------------------------------------------------

ショップの水槽を覗き込んだ瞬間 「ジージー ジージー」
そりゃ この世の終わりくらい威嚇されました(^-^;
しかも10分くらいずーっとです。よっぽど怖かったのか
最後は声が枯れ気味にひっくりかえってました(笑)

よく見ると、この子は鼻の右側に齧られた痕があり、
たぶん苛められたことがよっぽど怖かったんでしょうね
帰宅後も相当ビクビクしていますし、ほんの少し、
性格が歪んでいるのかもしれません

でも、大丈夫です! 父ちゃんは彼の気持ちを開いてみせます。
他の子達より、少し時間が掛かるかもしれませんが
ゆっくりと仲良くなってみせます(^-^)ニコ
やじきた道中 てれすこ

久々に評価が難しい作品でした。
私自身、落語も大好きで、「てれすこ」も
「たぬさい」も「のざらし」も好きな落語です。
ただ、この映画で笑えたかと申しますとNOなんですよねぇ。

落語ってのは噺家の組み立てと絶妙なタイミングで落とす訳で
映画の組み込みの中で落とそうとすることに無理がありました。
尚更、若い方でこの映画に用いられた落語をご存知ない方には、
何が面白くて、どこがツボなのか、全く解らなかったのではないでしょうか。
しかも、この笑いってのが少々乾いた関東系の笑いなので
特に関西の若い方には厳しい作品だなぁと感じました。

私が観た映画館でも観客のほとんどが40歳以上の方で
その中でも、笑っている人が50%程度、後の観客は
私の様に取り残されているか、笑いの意味すらわかっていない状況。

さむい、観に来た事を後悔しつつ、最後まで頑張りましたが
やたらに時間がゆっくり過ぎていきました(^-^;

ただ、中村勘三郎や柄本明の芝居は良かったですし、
特に小泉今日子の熱演は素晴らしかったです。
構成や脚本から考えても芝居でみたい作品だったかもしれません。

私的採点では30/100点の作品と評価します。
余程、出演者のファンか落語好きで関東系の笑いが
好きな方以外には少々ハードルの高い作品だと思います。
ボーン・アルティメイタム

場面がきり変わる毎に、じわじわと盛り上がる緊迫感
今風のCGを使わないスピードとアクション
シナリオの展開もテンポ良く、兎に角無駄が無い。
この映画の特筆すべき点は「バランスの良さ」でしょうね。

主役のマット・デイモンのアクションはもちろんのこと
機械的に使命を果たしてきた彼が、人としての罪悪感に
目覚めてくる過程を見事に演じていたと思います。
ある意味、飄々とした彼の個性がこのストーリーに
めちゃマッチングしています。

ほんの少し気になったのは、あれほどハイテクを駆使する
CIA本部へ簡単に進入しちゃったところかな
まあ、ストーリーの展開上、あそこでグズグズしていられないので
良しとしておきましょう。あと、最近の流行の手持ちカメラを
この映画も多用していましたが、本当に重要なシーンだけで
良いんじゃないかと感じました。

ただ、強くてかっこよくて、死なない主人公 
ダイハードと比較しても、リアルさとスピード感は
数倍良かったと思います。

ヒューマンドラマ的要素は薄いと思いますが
アクション映画としては相当レベルが高いと思いました。
私的採点は80/100点の作品と評価します。
3部作の完結としては見応えがありましたが
もっと続けてほしいってのが正直な感想です。
13g 名前はまだ無い


昨日やっちゃいました(^-^;
初めてのスノーベビーです。
多分、今までの男子の中で一番
ビビリンチョだと思います。
詳しい出会いについては改めて
とにかく、仲良くならなきゃ(^-^)/
今年は京風?


毎年このBlogで取り上げているチロルのきなこもちですが
今年は黒みつ仕立てで京きなこもちとして発売されていました。

でもって、味の評価は… 微妙です(^-^;
やはり、私はシンプルなきな粉&お餅って組み合わせのほうが
好きですし、黒みつが少々くどく感じちゃうので
元のシンプルきなこもちのがずーーっと好きです。

Webで調べてみますと、シンプルきなこもちも
もうすぐ発売されるそうなので一安心です(^-^)ニコ
バイオハザード III

ゲームのバイオハザードファンでもあるおじさんが
胸躍らせながら観に行って参りました♪

確かに多くのレビューアーの方が書かれている通り
ストーリーも背景設定も「どこかで観た感」が
漂う作りではありましたが、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる
アリスの躍動感と迫力十分のアクション!
何にも考えず、すげえなぁ かっこいいなぁと楽しめました。
色々ストーリー的にも無理やりな感じがありましたが
もう、アリスのかっこよさで全てを許しちゃいます(^-^;

ただ、少し気になったところをあげると、アリスの肌(顔)に
CGの修正をかけすぎなところと、とってつけたような
倖田來未の楽曲挿入、エイベックスとのタイアップなのでしょうが
あまりにも戦略が見えすぎで、幻滅しちゃいますよね。
「大奥」まではアリかなと思いましたが、今回はダメです。

あと、全く個人的な意見ですが、この作品は今後「ダイハード」とか
「ロッキー」のように熱烈なファンだけの為に作ればいいんじゃないかと。
まあ、今回の作品を「おもしろくない」とか「まいったな」と
思われた方は頼まれても観に行かれないでしょうから(笑)

勝手に次回作への構想を書いちゃいますと
出来ればアリスのメイン武器は日本刀ぽい刀を使わせてほしいなと
めちゃ強いアリスが美しい殺陣でアンデットを滅多切りってが
観てみたいです(^-^; (キルビルとカブって良いんです)

っていうか、今回のエンディングも次回作への前振りみたいでしたので
「全世界の熱狂的な要望により、次回作製作決定!!」って
シナリオが出来てるんじゃありませんか?

私的採点では75/100点の作品だと評価しました。
是非、数少ないファンの為にも次回作の製作を期待しております。
クローズ ZERO

公開二週目なのに満員のお客さん!個人的には
あまり期待していなかった作品なのでちょっとびっくり。
ただ、観客を眺めてみると若い女性の多い事、多い事
やはり主役の小栗旬君の人気は絶大ですな。

それに思ったよりも硬派なつくりで、若い俳優さんの
体をはった演技に熱くなっちゃいました。
小栗旬君も普段のイメージとは違い、
硬派なヤンキーを上手く演じていましたし、
以外だったのが山田孝之のワルも結構はまっていましたね。

特に最後の決戦に向かうGPSメンバー達が
終結していくシーン、昔のヤクザ映画を
彷彿とさせる迫力とかっこよさ、若干雨が降りすぎていましたが
エンディングへの序章として、すんごく盛り上がりました♪

ただ、少し気になったのは、黒木メイサの芝居のまずさと
乱闘シーンの手持ちカメラかな。
手持ちでの撮影は最近の流行ですが、
やはり、あまりにもブレすぎると
スピード感や迫力が半減しちゃう気がします。
それと、これはどうしょうもないことかもしれませんが
時折見せる小栗君と山田君の優しいまなざし。
多分、二人の人の良さが出ちゃってるんでしょうね。

この作品は最近観た「ワルボロ」とは構成が違い、
緊迫したストーリー展開とド派手な乱闘シーン、
何よりお金のかかり方が全く違う、
スケールの大きな作品だと感じました。

私的採点は70/100点の作品でした。日本のヤンキー映画としては
スケールが大きく、変におちゃらけていないところが
素晴らしい作品でした。

<最後に中学生諸君>
これは映画だから金属バットで殴っても大丈夫ですが
本当に殴ると、頭なら死にますし、体でも一発で
アバラが折れたりします。おじさんはこんな映画も好きなので
現実と映画の違いをよく理解して、簡単に金属バットで
人を殴らないようにしましょうね。

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。