2008/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変わらないもの


一時期 「まっくろくろすけ」だった
むーちゃんの顔色が戻ってきました。
やっぱり、季節の変わり目で
一時的なものだったようです♪


「父ちゃん 最近コーンの量が少ないやんか」

「そうです メタボ対策です」


毛色は変化しましたが、食欲だけは
変わらないようです(笑)


スポンサーサイト
穏やかな日々


杢之助じぃちゃんの近況報告です。

年齢と共に筋肉量が減少していますので、
若干体重が落ちていますが
特に目立った体調不良も無く
穏やかにのんびりと過ごされています。

お散歩時のスピードも若い頃と比べると
相当のんびりペースになってきましたが
通路に空箱や空き袋を置くと、
そこに必ず入って私のリアクションや
突っ込みを待っていてくれます。
それが積み重ねた年齢の奥深さなんですよねぇ(笑)

最近は家族からも「モクじぃ」と呼ばれ
すごく大切に扱われていますので
本人もすごく気分が良いみたいです(^-^)ニコ

振り返ればこの子は一度も体調を壊したことがなく
本当に親孝行な子だなぁと感謝しています。
むーちゃん 七変化

いや 私も初めての経験なので 
信じてもらうしかないのですが
珍しいパターンだと思います(^-^;



我が家にやってきて2日目
比較的白地が多く こげ茶色の毛並み
ベビー むーちゃんです♪ かわぇぇなぁ







体調も完全に戻り 大人の体格になってきました。
顔全体の毛色が黒っぽくなってきましたが
表情は ベビー むーちゃんと変わらない♪





どうした むーちゃん!突然の顔の黒さは!
( ̄□ ̄;)!! 狸でも目指してるん?
若干目つきも悪くなってるしぃ
我が家では黒ねずみと呼ばれています(^-^;



と言いつつ、この写真から1週間たった今は
段々2枚目の写真に近づいてきました(^-^;
春毛に変わる一時の変色だったのでしょうか???


バンテージ・ポイント

いやー久しぶりに唸らされました。
好き嫌いがはっきりと出る映画かもしれませんが
私は文句無しに☆5つ!今の所2008年 NO1作品です。

推理サスペンスを想定してご覧になられた方には
少々肩すかしを食らうかもしれませんが
兎に角、絶妙なストーリーの組み立てと
並外れたスピード感!1時間40分に凝縮された
濃度の高い緊迫感がめちゃ面白い作品でした♪

何よりこの作品の素晴らしさは構成に無駄が無く
時系列の視点を整然と配列していく事で
ストーリーに厚みと緊迫感を積み上げていくこと。
久しぶりにやられたって感じる作品に出会いました。

主演のデニス・クエイドの演技に若干の臭さを
感じましたが、脇を固めるフォレスト・ウィッテカーや
エドガー・ラミレスは渋い演技で素晴らしかったっす!

私的採点では90/100点の作品と評価しました。
映画を映画として楽しめる方には
大いにお薦めできる秀作です♪

L change the WorLd

悲しかったです。今まで色んな映画を観てきましたが
ストーリーが進むにつれて是ほど悲しくなった作品はありません。

私がデスノート原作ファンだからかもしれませんが
デスノートがデスノートである所以、高貴な心理戦と
確立された登場人物の個性、表には出ない感情とは
裏腹な熱い心理描写… 何もかも踏みにじられちゃってます。

原作と同じ=良い映画だとは思いませんが
原作の世界観と魅力を台無しにしちゃう作品には
鉛のようなため息とやりきれない悲しさを感じてしまいました。

この監督は本当に原作読んだ事あるのかなぁ?
それとも多くのファンがどこに魅せられているのかを
理解できないんだろうか?と疑問がでまくりっす!

目的や背景の見えない「悪の環境保護団体」
とって付けた様な「謎のウィルス兵器」
ラストシーンまでの「安易過ぎるパニック設定」
小学生でも突っ込みを入れたくなる
ストーリー展開 (´ヘ`;)ハァ

また、演出もどうなんや?と Lがキーボードを叩く演出
これ以上うすっぺらな演出は無いだろうと思える
南ちゃんの下手すぎる演技、八百屋のおっさん相手にFBIが
身分証明を出せって言われる彼も辛かったと思います(^-^;

フォローをするつもりはありませんが、松山ケンイチ君は
若手俳優の中でもいい芝居をしますし
真面目に一生懸命Lを演じていたと思います。
また、平泉成さんも渋い演技で雰囲気は良かったです。
ただ、工藤夕貴はいただけなかったです。海外の作品で
無機質な日本人を演じるには良いのでしょうが
邦画の助演女優クラスの設定になると粗が目立ちました。

多分、原作を知らずに前編→後編→スピンオフと観られた方には
うるさいおっさんやなぁと思われると思いますが、
本当に悲しい作品でした。

私的採点では10/100点の作品でした。
プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。