2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱く書いちゃう!!

ずーっと前から楽しみにしていた甲子園で
情けない試合を見せられました。
お金出して、時間使って、大好きなチームを応援しにいったのに
もう少し何とかならないものでしょうか?監督さん

ここ最近感じるのは阪神の野球の甘さ…大甘ですわ(´ヘ`;)ハァ
パリーグのチームはキツイ内角を平気で責めてきますし
デットボールや顔面近くの球を有効に使います。
あの金本選手に対しても滅茶苦茶厳しい攻めを行い
勝負への拘りは相当なものです。

それに比べ、4番に死球をくらわされて、報復のポーズも
とらないような弱腰で勝てるほどプロ野球は甘くはありません。
もちろん、死球に死球が全うな作戦だとは言いませんが
せめて同じ4番にブラッシングボールや背中の後ろを通すくらいの
意気込みを持たなければ、相手からも舐められ放題です。
これは監督やコーチだけの問題ではではなく、チーム全体で
怒りを爆発させなければ意味がないのです!!

それに比べて、今日の西武は一回の表ノーアウト一塁から
迷わず、犠打の選択。正直、この采配を見ただけで負けそうな
気がしました。確かに野球としては面白くありませんが
明らかに勝ちにきている(それを選手に体で分からせている)
勝負へのこだわりが見て取れます。

それに比べて、2回ノーアウト金本選手死球直後、浜中の
初球打ち… あの難しい球をあえてヒットにする自信が
あったのでしょうか?金本選手の死球を与えただけで
大抵の投手は不安定になります。もちろん、球場の
雰囲気もピッチャーを追い込む空気に変わっているのに…
初球の一振りでゲッツー、甲子園全体がため息に変わりました。
浜中の最小限の仕事=ランナーを2塁に進めることです。

同じようなケースが5回の関本にも言えます。金本選手の
ソロホームランの直後、シングルヒットの連打ノーアウト
一二塁からのショート併殺打(´ヘ`;)ハァ
たとえノーサインでもセーフティバンドやドラッグバンド
出来ないなら、右方向へのバッティング(気持ちだけでも)
最低限の仕事をして次につなぐ…こんな意識は微塵もありませんでした。

監督の采配=選手任せは選手個人の責任として扱われます。
これで試合後の監督コメントで「打てないし負けた」は
非常に耳障りなものに聞こえます。
監督の采配は、たとえ失敗しても「チームとして」の意識を
現したり、「各自の仕事」を植えつけることが出来ます。
「選手に任す」で好結果が出ているなら構いませんが
「選手に頼る」は情けな過ぎます。
負けが込んでいる時や選手の状態が悪い時にこそ
監督の力量が発揮させるべきではないでしょうか。

6-1で負けてる9回でも、8割以上の観客が残っている気持ちを
もっともっと深く受け止めて欲しいっす!
我々はプロ野球を観に行っている訳です。
お金の取れるレベル、その代価に見合ったプレイや意識を
見たい訳です。もちろん勝つに越した事はありませんが
たとえ勝たなくとも、質が高く勝利への執念が伝わるプレイを
見せて欲しいのです!! 

ああ、ちょっとだけ気がすみました(笑)
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。