2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かが違う

今、マスコミが大騒ぎする「いじめ問題」…
ニュースを見る度に大きく取り上げられていますが
何か少し違うように感じるのは私だけでしょうか?

本来Newsってのは事実を事実として伝えること
事実に主観を入れてしまえば、それはNewsと
言えないのではないでしょうか
といいますのも、問題点を良く分かっていない人達が
単なる責任追及先を番組で決め付け、批判するターゲットを
探しているようにしか見えません。

もちろん、コメンテーターが、その人の感じた事を
表現する事は構いません。でも、それが全てでは
ありませんし、何か悪いのはここだと
先入観を植えつけているように見えてなりません。

「いじめ問題」をネタに誰かを「いじめている」
図式に大きな憤りを感じます。

確かに文部科学省や教育委員会、学校の対応はいたらない点
だらけですが、そこへの批判・中傷を続けるだけでは
何も改善されず、逆にこの批判が表面に大きく取り上げられれば
取り上げられるほど、問題の根源から論点がどんどんずれていく
ような気がします。また、自殺が一つの流行になり、
大切な命が失われる事を助長することにならないか心配です。

私が言いたいのは学校や教育委員会、先生を批判する前に
まずは家庭での教育がどうなっているのかってことです。
今までの事例を検証しても、「いじめ問題」では
いじめる側が圧倒的に多いはずです。

まずは親が自分の子供に「いじめはいけない」を自分の
言葉で伝えて続けていくべきだと思います。
私はNewsでこれらの問題が報じられる度、
「お前のクラスではどうや」とか「絶対に加害者にはなるな」と
言い続けています。こういった地味なコミュニケーションが
各家庭で行われれば、少しずつ「いじめが少ない社会」に
なるように思うのですが...

また、酷な話かもしれませんが、社会に出れば
もっと過酷な「人間関係」があることも子供達に
伝えています。現実は物語に出てくるような
綺麗な社会ではなく、もっと強烈な人間関係を
乗り越えていかなければ、生活していけないことなど
子供達の心に問題提起をしています。

私が全て正しいとは申しませんが、「いじめる側への教育」を
もっと家庭で、学校で、教育機関で見直してほしいと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。