2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「王の男」

スタッフの方に失礼ですが、予想以上に良い作品でした。
この映画を観るにあたり、ストーリーや俳優、
時代考証に至るまで、何の前情報も入れず出掛けました。
かえってそれが良かったのかもしれませんが、
純粋に映画を楽しめた気がします。

正直、私は恋愛系の韓流映画が苦手なのですが
この作品は私の中にある韓流映画のイメージを
一新してくれた気がします。

この映画の特徴として、多く問題提起を
観客に投げかける手法が素晴らしいと感じました。

また、その問いかけは正・悪や正・誤と言う
2分化思考では割り切れぬ問題ばかりで
ひょっとすると監督は完全な答えを
観客に求めているのではなく、考えるきっかけを
そっと差し出しているだけなのかもしれません。

男性間で友情を超越した感情が成立するのだろうか
支配者層と下層階級が抱えるそれぞれの苦悩
絶対権力と金だけで人は幸せになれるのだろうか
権力が時代を握るのか、時流が権力を替えるのか
正直に生きる事が、自分を支える人にとって
本当に良い事なのか

ストーリーが展開する毎に小さな思考が浮かんでは消え
映画への感情流入を高めてくれました。

また、俳優レベルも高く「カム・ウソン」の力ある演技や
見事な芸人技、男が見ても妖艶な「イ・ジュンギ」の
身のこなし等、非常に素晴らしいと感じました。

ただ、少しだけ残念に思ったのは、
殺人紛いの脱出劇を演じて旅立った二人の
心理描写や、宮廷お抱え芸人への安易な展開は、
大陸的で大味な進行だと感じました。

また、宮廷での食事シーンがありましたが
必要以上に下品に食べる(他の韓国映画でも
身分の低い人の食事シーンはこんな演出が多い)
ちょっとうんざり、折角良い映画なのに
オーバーアクションの演出はもったいない気がしました。

まあ、このへんは内面的に地味な感情表現が好きな
日本映画との違いなのかもしれませんし、観る方の
好みによって大きく変わってくると思いますが…

色々と書きましたが、私が今回観たお正月映画の中では
一番お勧めできる作品だと感じました。
但し、ヒューマンドラマ系が好きな大人の方に
限定致します。

私的採点ですと70/100点の作品でした。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。