2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛の流刑地

この映画を観終わって、先ず口に出た感想は
「監督は何を伝えたかったのだろう?」でした。

濃厚なベッドシーンで、話題性が先行していましたが
意外と期待した程のエロさは感じませんでした(笑)
また、もっと男と女のドロドロした愛情のうねりや
禁断の愛であるが故に燃え上がる情愛が
描かれているのかなと思っていましたが、
意外と単純で淡白なストーリー展開だと感じました。

確かにこの映画の情事キーワード「殺してほしい」
「それを知っている女〜」「死にたくなるほど人を
愛したことが〜」等々、非常にドラマティックな
台詞が散りばめられているのですが、
予告編以上の意味や深みを感じられませんでした。
また、エンディングで主人公自身が自分の言葉で
ストーリーを完結させてしまう等「ええっ!そんなんで
締めるんかいな!」と突っ込みを入れてしまいました。
やはり2時間以上の映画で、特に中盤以降は内容の薄さが
目立った気がします。

豊川悦司や寺島しのぶの俳優レベルは悪くなかったと思いますし
富司純子の演技は光っていましたね。ただ、長谷川京子の
キャスティングと演出、演技には小さな、いや大きな疑問が
残りました(´ヘ`;)ハァ

まあ、現在進行中のW不倫カップルや旦那や奥さんに内緒で
恋愛されている方にとってはエキサイティングなストーリー
なのかもしれませんが、過去はさておき、現在が平穏な方には
少々退屈な映画だと思います(^-^;

考えれば、この映画の予告編だけで内容の80%位は
理解(想像)できたなぁと思いました。

私的採点ですと 30/100点の映画でした。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。