2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリームガールズ

「ドリームガールズ」というタイトルから
明るいアメリカンドリームをテーマにした映画かなと
想像しながら観にいったのですが、根底に流れるものは
意外と「人種差別」であったり「金と権力」だったのでは
と感じてしまいました。
映画の背景が1960代のデトロイトであることも
そんなメッセージを含んだ設定に感じてなりませんでした。
(1960年代デトロイトで人種差別を発端とする
大規模な暴動があった背景)

変に裏読みをせずに観るべき映画なのかもしれませんが
そんな背景を感じながら見なければ「アカデミー賞」の
有力候補とは思えないからです。

確かに映画のできは素晴らしく、ミュージカル要素を
ふんだんに取り入れたエンターテイメント作品だと
思いましたが、それだけでは作品のテーマに
深みが足りないような気がしました。
やはりアメリカの時代背景や歴史を十分理解した上で
評価すべき作品だと思いますので、私のように
中途半端な知識だと、アメリカ人が感じる感動を
理解しきれていないのでしょうね。

理屈っぽいことを長々書きましたが、
映画に登場する俳優さん達のレベルはめちゃ高く、
特にエディ・マーフィーがあれ程
歌える人だとは思いませんでした。
また、大注目のエフィー・ホワイト役の
ジェニファー・ハドソンの重厚なボーカルには
圧倒されまくりでした。
また、ダニー・グローヴァーはいつもながら
渋い演技で存在感は十分でした。

私的採点では70/100点の作品でしたが、
もっと深くアメリカの歴史背景を理解している方からは
もっと評価の高い作品だと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。