2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大帝の剣

堤幸彦監督作品なので、少し期待しすぎたのかもしれませんが
(~ヘ~)ウーン どっちつかずで妙に惜しい作品だと感じました。

もちろん、シリアスなスペクタクル作品を
想定したわけじゃないですし、かといって
爆笑を求めていたわけでもありません。
どちらかと言うと少しシュールでスパイスの
利いた笑いが散りばめられているのではないかと
期待していました。

ただ、ちょっと不安なのはストーリーの所々で
観客の一部が声を出して笑っていましたので
ひょっとすると私の感性がだけがずれているのかも
しれません(^-^; いや、全体的にすべり気味で
そのくせB級映画特有の力技で笑わすベタなギャグも
見当たらなかったような…

兎に角、惜しい映画です。B級の王道を狙うなら
もっと笑いの構成を練るべきですし、もう少し
ドラマティックな路線を追求するなら、ストーリーの
厚みや登場人物の心理描写など、物語のバックボーンを
しっかりと描くべきだったと思います。

主演の阿部ちゃんは彼なりのキャラをしっかりと立て
監督の要求にはしっかりと応えていたと思います。
長谷川京子は愛の流刑地よりも数段良い演技を
していたように感じましたが、よく考えると台詞が
少なかったからかもしれませんσ(^◇^;)
脚本家として大好きな宮藤官九郎ですが
この映画に関しては彼を出す必要性は感じなかったです。

まあ、どちらにしろ目くじらを立てて、良いの悪いのと
評価する映画じゃない気がしてきました。
阿部寛、長谷川京子、宮藤官九郎のいずれかが
大好きでお気楽な映画を観たい方以外には
少し厳しい作品かもしれません。

私的評価は45/100点の作品でした。
私はレイトでいったので良いんですが、
1800円払うとなるとちょっと厳しい映画だと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。