2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

ふんわりとした感動がこみ上げる良い映画でした。
私は予備知識が全くなかったのですが、
癖の無い素直なストーリーに、すんなりと
映画の世界に入り込めました。

この映画の素晴らしさは何といっても
俳優陣のキャスティングでしょうね。
最近、益々存在感を増したオダギリジョーは
もちろんのこと、樹木希林にしか表現できない
穏やかなのに力強い演技は本当に素晴らしかったです。

また、脇を固めた俳優さんの中で、特に目立ったのが
松たか子さんと小林薫さんです、二人とも地味ですが、
かなり説得力のある演技をしていました。

ストーリーを冷静に振り返ると、荒んだ家庭で育った
少々マザコン気味の男の半生を描いた話なのですが
主人公の醸し出す穏やかな優しさと、関わる人全てを
優しく包むオカンの人間性が感動をよぶのでしょうね。

何となく物騒な事件が多い昨今、観た方の気持ちを
穏やかできる数少ない映画の一つだと思います。
ご夫婦・恋人・友達・ご家族等、どんな方と観られても
当たり外れの少ない良い作品だと思います。

私的採点は80/100点の作品でした。

但し、原作の素晴らしさにほれ込んでおられる方は
10点くらいマイナスされたほうが良いかと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。