2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーピング

「イナゴ少女現る」のコピー以外
全く前知識を入れずに観に行きましたが
ストーリーは単純で非常に分かりやすいものでした。
ただ、前振りが不自然で展開が読みやすく
所々を強引につなぎ合わせているように
感じたのは私だけなのでしょうか?

また、この映画の狙ったところってどこなのかが
分かりにくかったです。
オープニングからオカルト映画的な構成で
主人公の時間軸をずらしながらストーリーが
上手く進んでいくのですが、唐突な前振りから
取って付けた感のある「旧約聖書の十の災い」や
カルト宗教の出現等、かえってそこに拘らないほうが
単純に怖い気がするのですが…

また、エンディング15分の映像や展開があまりにも
しょぼくて「ええっ、こんなんで閉めるの」と
突っ込ませていただきました。

ただ、所々で見せる大掛かりな演出(川やイナゴ)は
凄いなぁと感じましたし、恐怖感って言うよりも
気持ち悪い感を上手く演出していただけに
よけいに惜しいなぁと(^-^;

主演のヒラリー・スワンクはそれなりの存在感が
ありましたし、「ミリオンダラー・ベイビー」で
見せたストイックな女性ボクサーとは別人のように
知的で可愛い女性を演じていたと思います。

私がこの手の映画の楽しみ方を分かっていないのかも
しれませんが、兎に角不完全燃焼で終わったことは確かです。
私的採点では40/100点の作品でした。
1800円で観るのはお勧めしない映画です┐('〜`;)┌
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。