2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞妓 Haaaan !!!

私は生まれも育ちも京都ですので
舞妓さんや芸子さん、映画に出てきた風景を
普通に見かけますが、庶民にとってお茶屋遊びなんて夢のまた夢。
神秘の世界を面白おかしく楽しませてもらいました。

そんでもって映画はと申しますと、オープニングから
エンディングまで止め処なくハイテンション♪
主演の阿部サダヲさんは、これ以上無いというくらいの
熱演されていましたし、三枚目が似合う二枚目俳優
堤真一さんもキャスティングとしてはベストマッチでした。

また、柴崎コウちゃんの演じる舞妓さんも綺麗でしたし、
一途な可愛い女性を見事に演じていたと思います。
それと小出早織さんの演じる舞妓さんは秀逸でした。
ほとんど見たことない女優さんでしたが、
演技が上手いなぁと関心しきり。

クドカンの脚本は非常に彼らしく、多くの観客が
十分にクドカンワールドを堪能できたと思います
お気楽系の映画としては非常に良い出来でしたし
京都の映画館も初日はほぼ満席でした。

ただ、私の体調が悪かったのか、高すぎるテンションを
長時間受けきることが出来ずに、中盤から後半にかけて
例えようのない、疲労感が…
決して悪い映画じゃないのですが、見に行かれる方は
睡眠をたっぷりとり、元気で自分もテンションを上げ
続けられる状態で、鑑賞されることを強くお勧めします。
私的採点では60/100点の作品でした。

最後になりますが、この映画が遺作となった植木等さんの
功績に感謝と哀悼の意を捧げます。
(植木さんらしい、力の抜けた好々爺を演じておられました)
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。