2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

この映画は捉え方が難しく評価が分かれる作品でしょう。
さて、何故評価が厳しく分かれるのか… 
多分、ご覧になられる方の期待感でしょうねぇ。

シリアスでストーリーにも整合性があって
ドラマティックな映画を期待して観に行く⇒ ダメ映画

三池さんが作ったB級映画のお手並み拝見
程度のか〜るい感覚で観に行かれた方  ⇒ 結構やるじゃん

私自身は『こんな作品もあり』だと思います。
また、台詞が英語ってのに厳しい評価をされている方も
おられますが、作品の前情報で十分謳われていますので
それを理由にダメって評価は可愛そうな気がします。

ストーリーは無理やり感が漂う、マカロニウエスタンと
平家対源氏の融合で、史実や歴史背景に何の脈略も
ありませんから、このへんを受け入れる寛容な感覚が
無ければ、腹立たしく感じられるのは当然でしょう(笑)

さて、作品についての評価ですが、私が一番不満に感じたのは
主人公である伊藤英明の人物像や生きた背景が鮮明に
表現できていなかった事。 
これはこの映画の致命的なところでしたねぇ。
ここがブレちゃうと物語に芯が通らない感じです。
佐藤浩市や香川照之等良い俳優さんも熱演してたので
兎に角、もったいない感じがしました。
また、木村佳乃の妖艶なシーンが話題になっていますが
私自身はあまり、彼女に色っぽさを感じませんでした。
多分、劇中のダンスシーンがいまひとつだったことと
そこに至る演技の問題なのかメイクの問題なのか?
そうそう、桃井姉さんの体をはった演技はよかったです。
彼女の年齢から考えると凄い頑張りだと思います。
さて、総合的な私的採点ですが、55/100点の作品と評価します。

先にも書きましたが、普通の映画としての期待感が
大きい方には厳しい作品ですし、このへんは
レンタルDVDで借りられたとしても同じことでしょう。
この作品の一番の問題は、作品のプロモーションでもっと
「B級映画感」を漂わせ、軽いノリで観に行こう!との
雰囲気を伝えなかったことだと思います。

配給会社さん、この映画の評価が妙に悪いのも
そのへんの心配りが足りなかったと思いますぜ。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。