2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サウスバウンド

今でも自分の信念を貫く、元過激派のお父さん、
そのお父さんをしっかりと支えるお母さん、
少し距離感を開けつつも、その生き方を
受け止めようとする子供達 
映画としての素材は十分過ぎるくらい
纏まっていますので、この素材を生かすも殺すも
監督と脚本家の腕次第ってところでしょう。

私は原作を読まずに映画を観ましたので、
何とも言い難いのですが、映画の構成が中途半端で
シリアスに大きなメッセージを伝えたかったのか?
それとももう少し、コミカルに笑いを狙ったほうがよかったのか?
映画を観ながら冷静に考え込んでしまいました。

何となく伝えたいメッセージを感じられるのですが
最後まで映画のストーリーに入り込めず
第三者的に鑑賞している自分がいましたし、
特にエンディングでは「いや、それは厳しいな」と
思わず呟いてしまいました(^-^;

豊川悦司さんは多分監督に言われた通りの演技を
していたのでしょうが、若干キャラが上滑り気味で
豊川さん本来の良さが活かしきれていなかった気がします。
あと、もったいなかったのは天海裕希さん。
全ての飄々としすぎていて、これもまた
演出家の好みなんですかねぇ。もったいない

この映画で一番凄いなって思ったのは、
子役の松本梨菜ちゃん。この子の自然で肩の力が
抜けた演技は素晴らしかったです。

あと残念だったのは、沖縄の自然が映画に生きて
いなかっいたことかなぁ そうじゃなけりゃ
西表島でロケする必要がないと… もったいない。

私的採点では30/100点の作品と評価します。
よほどの豊悦ファンか、原作に思い入れのある方以外は
厳しい作品だと思います。正直レンタルDVDで十分でした
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。