2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウィーニー・トッド  フリート街の悪魔の理髪師

主演ジョニー・デップってことで
楽しみに観に行った作品でしたが、
正直微妙な作品でした(^-^;

いや、監督さんの狙いは理解でしたのですが
トータル的に作品の評価ってことになると
疑問符の連続でした。

全編ミュージカル仕立てでストーリーが進行し
時折コミカルなエッセンスを織り交ぜては
いるのですが、中盤から後半にかけては
やたらに惨い殺戮シーンオンパレード。

ミュージカル仕立ての演出の中で
淡々と狂気の復讐劇を演じるジョニー・デップに
今までに無い迫力を感じましたが
あまりにも先が見えた展開なので
ストーリーに隠された裏の意味だとか
逆にメッセージは無いのだろうか?と
色々考えているうちにエンディングを
迎えていました。

多分、私の理解力が低いせいもあるのでしょうが
一般的な映画ファンがこの作品をどう評価するのか
すごく興味のあるところです。

そうそう、この作品でめちゃお洒落だなって
感じたのが、あの超有名な台詞「Savvy?」おわかり?を
ヘレナ・ボナム=カーターにさりげなく言わせたところ
ここだけは作品の中で「おおっ!」てテンションを
あげちゃいました(^-^)ニコ

私的採点ではこの作品を50/100点と評価します。
熱烈なジョニー・デップファンにはお薦めしますが
デートで観に行くには辛い作品かもしれません。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。