2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歓喜の歌

映画が始まって30分、ストーリー展開が
あまりにもゆるく、何だかテレビの
2時間ドラマっぽいなぁと思っていましたが
その後、登場人物の人生背景が描かれだすと共に
ストーリーに厚みが出てきて感情移入しちゃいました。

また、この映画を落語のイメージで
ご覧になられた方には(お腹を抱えて大笑い)
少々物足りないと思いますが、私は今回監督が
この作品で設定した笑いのさじ加減は
適正だったと思います。

俳優陣も比較的地味で大看板を使われていなかったのに
個々の個性がしっかりでていて良いバランスだと思います。
個人的には伊藤君と浅田美代子さんの芝居が良かったっす。

めちゃベタなストーリーと予想できる展開ですが
私的採点では70/100点の作品と評価しました。

最近観た邦画の中でも、良い意味で一番万人向けの
作品ですし、デートで、親子で、涙腺が弱くなった
年代のご夫婦で、どなたが観られても、それなりに
温かい気持ちになれる作品だと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kawauso

Author:kawauso
内緒にしていましたが、
座右の銘は「凛として」
いつまでも大人気ない
大人でいたい52歳♪
出来れば背中に「鼠命」と
Tattooを入れたいくらい
ねずみ好きっす!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。